「わたしのこれまでの人生を振り返っても、大学時代っていうのは一番そう、キラキラしていた時期だった。まめこ君も打ち込める趣味を見つけて、友達を作って楽しめるといいかもねえ」

 通っている精神科の新川先生が垂れる。いつ来ても、そればっかりだ。おれはあんたの昔話を聞きに金払って診察を受けているわけではない。

 医者は処方箋を出すマシーン。

 これはおれが精神科・心療内科に通ってみて実感したことだ。
 心の問題を扱うとき、医者はあてにならない。おれは、自らの力で、6年もの間奪われ続けている心身の健康を取り戻すことを決めた。このブログは、おれの精神に巣食う悪魔との闘いの歴史である。