f:id:yarukimedesu:20120409085513j:image
 街を歩けば、桜にぶつかる。

 日本人、桜好き過ぎ。

 なんぼでも、桜があるので、最後のあたりは、しょくしょう気味でした。
f:id:yarukimedesu:20120409085546j:image
f:id:yarukimedesu:20120409085943j:image
f:id:yarukimedesu:20120409090200j:image
f:id:yarukimedesu:20120409090214j:image
f:id:yarukimedesu:20120409090322j:image
f:id:yarukimedesu:20120409094456j:image
f:id:yarukimedesu:20120409094509j:image
f:id:yarukimedesu:20120409094515j:image
f:id:yarukimedesu:20120409094531j:image
f:id:yarukimedesu:20120409094652j:image
f:id:yarukimedesu:20120409094709j:image
f:id:yarukimedesu:20120409094732j:image
f:id:yarukimedesu:20120409094754j:image
f:id:yarukimedesu:20120409100428j:image

 最終的に二条駅まで戻って、暗黒盆地の亀岡に帰ることとなりました。市内に生まれたら、特別視することもなかったのだろうか。

 亀岡市民なのに、京都市のことを「市内」という屈辱感。絶対に許さん。次に生まれ変わったら、来世では、絶対に、京都市長になってやる。

 こまねち。