• パナマ文書のものですが、バハマリークスにも通じる内容です!
  • 随時更新加筆修正中・・・タイトルは旬の話題など絡め変えます。
  • スマホは見づらくてすいません。
  • 舛添問題などすべての政治問題に応用できる内容を含みます。


今年の上半期の3大ニュースは、スマップベッキー舛添かと思われます。そのうち2件の大きな流れがこの20時間に集中。

ポイント

5月9日20時から5月10日16時の20時間の間に
  1. ゲス川谷離婚
  2. 舛添氏公用車の件でテレビ出演
  3. パナマ文書解禁キタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━!!
  4. ベッキー復帰
  5. 舛添氏政治資金規正法問題
5件の主役級の問題が出続けてますが、恋愛なら偶然でも恋に落ちるレベルです(人´∀`).☆.。.:*・゚恋愛でも運命的な偶然の出会いを装うこともありませんか?

途中にURLと画像付きで更に詳しく時系列でまとめています。

 

  パナマ文書の報道が少なすぎ!!!


庶民の皆さん、パナマ文書問題をご存知ですか?5月10日の朝3時に解禁されました。

私は報道が少なすぎると思い発信しています、世界的に大きなニュースなのに・・・。ロシアが―中国がーの報道で逃げてますが、当然日本企業も載っており多くの大企業が脱税(節税)してます。

パナマ文書をしっかり追求すれば、場合によっては追徴課税もし法改正もし消費税撤廃の0も夢ではない話。

ブラック企業も減るでしょうね。保育園ももっと増やせるでしょうね。


政府の資産ー負債が、マイナス1000兆円以上とイメージを与えるデマも、更に根拠がなくなります。


このような桁違いなお金が動く大切な報道より、ベッキー煽りは異常でした。


関心がないで報道が少ないのではなく、報道がないので関心が増えないと疑わざるを得ません。これがイワユル世論誘導ってやつですか?


 パナマ文書からみる格差拡大

まず、パナマ文書問題に関わる本質的であろうものを記事タイトルから。

(パナマ文書報道の少し前の記事)

富集中記事トップ.png

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47989

上記サイトからキャプチャー画像引用。

『たった62人』の大富豪が世界の富の半分を持つ

記事のタイトルですが、衝撃的ではありませんか?それだけが問題ではなく、年々益々このような富の集中が起こっていることが更に問題なのです!

ここ20年のデフレ現象も大きな原因でもあるでしょう。日本の場合頑張っている割に富が海外(の富裕層など)へ流出しているようです。



私はパナマ文書問題は上記のような富の集中現象の1つの象徴と思っています。


パナマ文書は悪質な税逃れをしている人がいる名簿が出てきました。


③パナマ文書を保有してた事務所節税または脱税指南の業界で世界4位ということでも氷山の一角に過ぎません。


ポイント

  • ここでは②③がパナマ文書のおおまかな説明、①はその奥にある本質です。


注意

  • 本来はタックス・ヘイブン(租税回避地)などという用語が出てきますが、

    えっ?タックスヘイブンって何?それ天国?租税回避地?なにそれ中国語?

  • と聞こえそうですし私も直ぐに理解できませんでしたので今回はおおまかな説明です。


 海外での動きの紹介



 アイスランドのデモの様子。You Tubeにも動画あり。

 (人口約33万の日本と同じ島国。)アイルランドデモ2.png

http://frontpage.blog.jp/archives/1055210441.html

上記サイトからキャプチャー画像引用。

(リンク切れ対策でキャプチャー。以降の画像引用は同様の理由です。)


アイルランド首相辞任.png

http://www.cnn.co.jp/world/35080717.html 

CNN記事平成28年4月6日
アイスランド首相が辞任 「パナマ文書」で批判浴び

 上記サイトからキャプチャー画像引用。

 

 

全て把握しているわけではありませんが、その他のデモが行われた国は、イギリス、フランス、カナダ、ロシア、アルゼンチン、インド、パキスタンなどと行わてれいるようです。


では、なぜ報道がすくないのでしょうか?報道機関とは名ばかりで、CM主の大企業の広報機関だからです。


 マスコミのお得意の宣伝≒洗脳

マスコミは宣伝(英語: propaganda 読みプロパガンダがお仕事ということで、商品を買いたいという気持ちにさせるのと同じで、人の気持ちを動かすことも仕事です。この場合多くの視聴者=大衆の気持ち(感情)を動かすことは、都合の悪い情報は隠すことも効果的。

隠さなくても合法、違法でないと言い張り、脳内の議論をさせない・考えさせない=思考抑制をさせます。そしてその先にある政治への行動抑制(苦情も立派な行動)


パナマ文書の嘘情報を流す戦略あるかもしれません。

世の中は複雑怪奇ですので100%パナマ文書隠しだけのためではありませんし自然の流れのものもあるでしょうが、企業の戦略があるようにマスコミの報道に戦略があってもおかしくありません。


「全くありえない」0%や、「すべて陰謀だ」100%というものではなく、

「そういうことあるかもしれない」 (1%~99%)と言う視点でご覧いただければと思います。



 合法!?なら法律がまずい。変えましょう!

法律は当然、人が運用するので解釈でも変わりますし、倫理的に問題の場合仮に合法なら、法律を変えて違法にすればいいだけの話。我々が行動すれば変わるのです。まず最初の行動は苦情(ご意見)です。 それが合法なら庶民にも節税させろ!それが合法なら倫理的に問題だから法律変えろ!
などと意見を送る。首相官邸へご意見。匿名でもOKhttps://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html舛添問題など全てにおいて、同じことです。倫理的に問題なら合法でも、法律がおかしいのです。

投票を放棄を始め、これらの政治への小さな行動を放棄した結果が、パナマ文書や格差問題、ブラック企業問題、20年のデフレなのです。この件については次のページで詳しく書きます。
一番マトモな悪人を選ぶつもりで、諦めず毎回投票するのです。(白票は意味が無い以上に、投票率が上がるので意味がマイナスに働きます。)

 マスコミの隠す戦略(陰謀)または、空気による報道抑制★の理由がわかるパナマ文書の動画3本。


 ①絶対見て!!!苫米地氏、進撃のパナマ文書の理論武装動画。 パナマ文書の説明もあります。

スマホで見た時この動画がなぜか非表示になっていましたので、念のため、 同じ内容の違う動画を2つあげています。

https://offshoreleaks.icij.org/nodes/264364

上記サイトからキャプチャー画像引用。

 

 


ポイント

  • 多くの有名人は、電通叩きなどできません。なんせ広告業≒マスコミを牛耳ってます。その分苫米地氏も大手メディアには出ることはほぼないのでしょう。
  • では、なぜ苫米地氏がこのような発言ができるかというと、又聞きですが、米国の仕事のご縁で、米国の超大財閥の知り合いがいるようなので安心して拡散してください。



パナマ文書記載の日本企業の一部

苫米地会社暴露.png

大企業の言い訳を言い返す反論集

パナマ反論画像.png https://youtu.be/Dwu0KrUrHh0

2枚とも上記の苫米地動画からキャプチャー画像引用。


大物You TuberKAZUYA氏動画2つ


注意

  • KAZUYA氏動画は自民党批判がほぼ無く自民党の広報(ステマ工作員)ではないかと疑惑がありますが、パナマ文書には言及したので引用します。マスコミに限らず情報の偏りがあるのは、ネットとて同じです。私は無党派層ですのであしからず。



②【パナマ文書】企業による言い訳完全論破マニュアル by苫米地英人


 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000352-oric-ent

上記サイトからキャプチャー画像引用。

 

 5月9日23時ニュース23 舛添氏出演 ここでは公用車の質問がメイン

舛添23出演.png

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2770487.html

 上記サイトからキャプチャー画像引用。

 ★5月10日AM3時 パナマ文書解禁★

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

5月10日AM5時ベッキー復帰報道

ベッキー復帰.pnghttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000004-spnannex-ent上記サイトからキャプチャー画像引用。 

 5月10日16時文春の舛添氏政治資金疑惑 これはデカイ問題です。

舛添政治資金.png

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160510-00006133-sbunshun-pol

上記サイトからキャプチャー画像引用。


 その前から公用車で叩かれていましたが、政治資金の法律問題がパナマの直後の発表
ということです。

補足1、ベッキー5月復帰予想を情報通の芸能ジャーナリスト4月中から報道

 ベッキー復帰公造.pngインターネット大手ポータルサイトYAHOO!JAPANの検索画面からキャプチャー画像引用前々から予定されている可能性が高いことを意味しますね。

 補足2、ジャーナリストで元NHKアナ堀潤氏へ圧力?!

5月10日17時 1月の離婚を4ヶ月遅れで報道

堀潤離婚.pnghttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160510-00508188-shincho-ent

上記サイトからキャプチャー画像引用。


相手は朝日新聞社員です。本当かどうかは別にしてDVと浮気が原因と、ベッキー不倫と同じ女性を煽る報道と思えませんか?


 4月のパナマ文書の報道が3日(日本時間実質4日?)で
ニコニコ生放送4月5日でいち早く取り上げていました。

  

堀潤ニコ生パナマ.png

http://live.nicovideo.jp/gate/lv258603619

上記サイトからキャプチャー画像引用。

 


注意

  • 少し前に、マスコミの★空気による報道抑制★と書きましたが、個人の集まりがマスコミであり、堀潤氏にしましても
  • 直接なにも言われなくても、たまたま偶然でも、これを圧力と感じ、悪しき自己抑制し言論の自由・報道の自由が減ってゆく。
  • そういった意味で圧力に対する意味での言論の自由・報道の自由は大切なのです。

 言い方を変えましょう、ゴリ押し

韓流ゴリ押しは記憶にある人多いでしょう。

別のゴリ押し例。サムゲタンゴリ押し。

http://matome.naver.jp/odai/2135279468580477701?&page=1

パナマ文書隠しは、サムゲタンゴリ押し✕100倍くらいの

過去最大級のゴリ押しがベッキー舛添ゴリ押しだと思ってもらえばいいです。  

ゴリ押し電通へのデモ

  【2011.11.20】電通・朝日新聞抗議デモ【電通本社前】
  • http://urx.blue/tZng 長いため短縮URL
  • 上記サイトからキャプチャー画像引用。線と囲いは筆者によるもの。
  • (平成28年5月20日にキャプチャー)
  • 意図的な情報操作=偏向報道なのですね。

  • 大きな意図があれば大きな偏向報道小さな意図があれが小さな偏向報道で、大きなものほど庶民には想像できないということです。
  • 大きなものほど理解出来づらいことは当然のことです。ヒント2,3,4も参考にしてもらうといいかもしれません。
  • ヒント2

    • ウィキペディアのプロパガンダから引用
    • 宣伝を英語にすると、プロパガンダ(propaganda)
    •   プロパガンダうぃき1.3.png
    •  http://urx.red/tZcm 短縮URL
    •   上記サイトからキャプチャー画像引用。
    •   (平成28年5月19日にキャプチャー)
    •   
    • つまり、プロパガンダが特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った宣伝行為と言うことは、宣伝広告に上記内容を含む言葉であっても何ら不思議ではありません。大東亜戦争時に、新聞が政府のプロパガンダに協力し負けている戦いも勝っているように報道するなど、戦意高揚に使われたように、現代のマスコミが政府や企業のプロパガンダをまったくしていないとは言えません。

    ヒント3

    • 陰謀という言葉について

    • よくこの手の話を陰謀というまったくの作り話のようなイメージで否定する人も少なくありません。
    • ただ、個人の人生計画があって、大資本や国の大戦略(陰謀)があっても不思議ではありません。
    • 言葉のどれを選ぼうと大小の違いが中心であり、陰謀だろうと計画だろうとなんでもいいのですが、
    • 事情≒計画≒作戦≒戦略≒工作≒陰謀とつなげることにより、ないものではないなと気づくかもしれません。左右で言葉の意味が似通ってますが、右に行くほど悪いイメージですね。
    • 我々もお付き合いで仕方なく(事情)、様々事をしますね。

    • 幾重にも事情が重なって、やむを得ず計画(作戦・戦略)を立て、工作をし、結果陰謀になった。という、複雑な複数要素が重なった時に、小さなものも大きくなります。
    • 大河も幾つもの支流が合流して、大きな川になるのです。そして支流の始まりも、一滴(小さなこと)の集まりに過ぎません。

    • 大人の事情中小企業の事情大企業の事情国単位レベルの事情国単位レベルの事情が幾重にも重なる陰謀
    • とつなぐことができませんか?
        ただし、何度も言いますがすべて陰謀で成り立っているというわけではありません。




    ヒント4

    • 言葉のイメージ(定義)に数値を入れて変えてみよう。



    • 言葉のイメージだけの考え方は非常に危険です。
    • 現実イメージではなく、実体です。ある程度数値化もされます。

    • 例えば
    • ①計画✕70億人分=②陰謀、大戦略
    • 言い換えると
    • ①言葉の定義✕数値他の②言葉の定義

    •     A,個人の贈り物5000円としましょう。
    •  
       5000円✕1億2000万人=6000億円
       つまり、単純に比較しただけでも国レベルなら6000億円なんて個人の5千円レベルとも言える額なのです。
     6000億円もなくても、1%60億円でも凄いことできると思いませんか?
    •  B,個人が車を100万円で買うとしましょう。20年使うとします。

       100万円✕1億2000万人=120兆円これはさすがに多いですが、軍事費20年分と考えましょう。軍事費20年分の120兆円の内1%でも1.2兆円を接待裏金として利用しても大したことがありません。電通を通じての広告費で宣伝しまくってもいいでしょう。
       その他、ライバルなどに負けないようにチキンレースをします。
    例えば1000億の仕事の落札をしようとします。利益が50億として落札できないと仮定すると利益の50億円がなくなります。10億円の裏金宣伝で落札できれば利益40億円。利益0円よりいい。ライバルが10億を越える裏金宣伝で戦ってきたらどうするでしょう?またライバル潰しを本気でしようとしたら、永続的にライバルがいなくなることを考えると、もっと大きな金でチキンレースをしてもいい。そのときライバルを蹴落とす工作には多大の利益度外視の金がつぎ込まれることも考えられます。よい言い方をすると損して得とれですね。一般企業でも初期投資で利益度外視の金が動くことはよくあること。   五輪の裏金問題にも通じるものです。いずれにしても凄いことができます。
    企業の場合、宣伝広告費は経費として落とせます。使った分だけ節税対策となります。節税してCMでイメージUPして広告費をマスコミに流すことにより、マスコミのお客さんになり自分の企業への不利な報道が減るのでいいことばかり。ここにイメージUPすれは実質はどうてもいいと言う考えが見え隠れ、庶民無視の談合があるのです。これがパナマ文書の報道規制そのものであると言ってもいいのです。宣伝がマイルドな裏金とも言える状態で、庶民もイメージ重視する傾向が強いので、宣伝広告業のドン電通はマスコミと企業をつなぐ権力と、この費用などで多くの力を持っているわけです。
    CM広告映像画像音声イメージ戦略なら、マスコミや企業や政府の大戦略を陰謀というイメージの悪い言葉を使い、さも空想のようなあり得ない話しに仕立てあげるメージ戦略があってかしくないですね。   言葉やCMのイメージだけで考える事の危うさも解っていただけたかと思います。





    お読みいただきましてありがとうございました。良かったら拡散、いいね、知恵コレなど動お願い致します。

    1. 新たな事を知ったら議論勉強に終わらず、自ら少しづつ行動や生活習慣かえましょう。
    2. 生活習慣を変え行動(拡散)するために妨げとなる意識更新しましょう。
    3. 行動生活習慣を変える仲間を増やすために無関心層への拡散しましょう。


    そうマスコミが報道せず、広報に落ちている以上、そうでなくても、我々一人一人が口コミ報道をする口コミジャーナリストなのです!

    ヤバイと分かったらマスコミに代わり報道(拡散)と不買(減買)の踏み込んだ政治活動を一歩進めましょう。次ページはそんな話題。


    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n384920

    共感した方は是非お読みください!!!


    特にニート失業中闘病中などの時間のある皆様、あなたは今、田んぼを耕している最中、種をまく前。別の言い方で晴耕雨読でもいいでしょう。是非次の知恵ノートもお読みください。


    最後に

    パナマ文書のオススメ解説サイト

    歩叶コラム

    パナマ文書とは?日本人&日本企業リストの影響と報道しない理由

    http://arcanaslayerland.com/2016/04/07/panama-papers-2/

    このノートのライターが設定した関連知恵ノート

    • 拡散不買など半歩踏み込んだ行動~あなたがプチマスコミです!~