「全身を強く打って死亡」とは
とても過激な内容と表現が含まれているので18歳未満の方や心臓が弱い方や精神的に弱い方は読むのをやめてほしい。それでも読みたい方は自己責任で読んでもらいたい。


怪我

【具体的にはどういう状態で亡くなっている?】
実は遺体の損傷が大変激しい場合に使われる表現なのである。さらに詳しく例にあげて言うと、「体の“一部”または“数カ所”が切断されてしまっていたり」「体の“一部”または“全身”が潰されてしまっていたり」などといった場合に使われる言葉である。すなわち、とても惨い(ムゴイ)状態で使われる言葉が、「全身を強く打って死亡」だ。


【なぜ?「全身を強く打って死亡」って使うの?】
それは、「視聴者へリアリティーのありすぎるショッキングな表現を使ってしまうことで、不快感を与えてしまうおそれがないように」としてである。
もちろんであるが「亡くなった本人への配慮」、そして「遺族の心情とプライバシーへの配慮」、という意味合いもこもっているのは当然のことであろう。

ソース元→ニュースの言葉「全身を強く打って死亡」